給湯器・ボイラーのトラブルなら札幌給湯機ボイラー修理.comへお任せ下さい! 

お見積りにあたって

例えば下記の様な理由で交換、修理されます

対策なども記入しております。参考にして下さい。

お湯が出ない

水栓の不具合が考えられますので、水栓の交換もしくは修理が必要になるかと思います。また、配管の不具合やバルブの故障、一部配管の凍結なども考えられます。

煙が出る

不完全燃焼を起こしていますので、早急に修理か機器の交換が必要になります。また、熱効率も落ちています。そのままお使いになるのは危険ですのでご使用されないようにしてください。

異音がする場合の内容

ピー、ピューという笛のような音がする。

対応:空気とガスのバランスが崩れている場合や、ファンモーターという部品の不具合が考えられますので、修理もしくは機器の交換が必要となります。

・運転を中止しても、ファンの回転音(ブーン)がする。運転スイッチを入切したり、給湯栓を開閉した後、しばらくするとモーターが動く音(クックックー)がする。
対応:再使用時の点火をより早くするため、また、再使用時にお湯の温度を早く安定させるために機器が作動していますので、異常ではありません。通常、3~5分程度で止まります。

・ポンプの回転音(ウーン)がする。
対応:追焚操作終了後、お湯を混ぜるためにポンプがしばらく作動することがあります。また、ふろ予約時、予約時刻の前に残り湯のチェックのためにポンプが作動します。また、気温が下がると、凍結予防のためにポンプが作動します。いずれも異常ではありません。
・壁伝いに振動音がする、響いている。
対応:給湯器の振動が壁に伝わっているものと思われます。この症状を軽減するためには、防振金具の使用やパッキンの設置する事で音は軽減されます。

・風呂釜などで釜鳴り(ボコンボコン音)がする。

対応:循環パイプの勾配が不適切な場合にこのような音がする場合があります。 循環パイプの修正は弊社では取り扱っておりません。直接製造メーカーに対応されるか、新規の商品を取付される事をお勧め致します。

・配管から(キーン)という共鳴音がする。また、水栓金具を締めた時に配管内でキーンやゴーンといった共鳴音がする。
A:ウォーターハンマー現象が起きているものと思われます。チャッキ弁等の配管内の圧力を低減する装置を組み入れることによって、症状が緩和される場合があります。

・ジュージューといった音がする(蒸発音)
※屋外設置用の追焚専用風呂釜にこの現象が現れる場合があります。
A:燃焼ガスには水分を含んでおり、この水分が冷たい水の入った熱交換器に触れて結露水が発生し、この結露水が炎により高温になっている遮熱板に落下した時に蒸発音が出ます。(異常ではありません。)

温度が安定しない

お答え:何らかの給湯器の不具合かと思われますので、給湯器の修理もしくは交換が必要です。

リンナイ製で「ゆらぎのシャワー機能」をお使いの場合は、温度が上がったり下がったりします(異常ではありません)。

 

上記の項目で当てはまる項目はござましたか?

異常ではない項目や急を要する項目もあるかと思います。

給湯機の寿命は10~15年(平均13年)です。

10年近く使用した機器は、どこを直すにしても高い修理費が発生しますので、交換が前提となると思います。

10年以上も経てば機器も旧式になり、部品の入手ができず修理自体が不可能になる場合も考えられます。どちらにしても、10年近く使っているものでしたら、修理ではなく、買い替えを検討する時期と判断したほうがいいかもしれません。

 bana-2

☎:011-558-1043    お電話応対時間AM9:30~PM20:00

mail:kyuutou@iemonogatari.jp     24時間365日受付中

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合せ下さい TEL 011-558-1043 受付時間9:30~20:00(日・祝日除く)

PAGETOP